犬の命にかかわる病気

犬がかかりやすい病気

を知ろう!

             しゃべれない犬のための、犬の飼い方総合ガイド

         これから始める犬の飼い方・しつけ方!!
                                    



       重要な病気とその前兆症状


犬は口をきけませんから、飼い主が病気を察知して何らかの手をうってやらなければなりません。
特に、「命にかかわる病気」は緊急を要しますし、「かかる頻度の高い病気」はあらかじめ知っておくことが必要です。


そして、それらの病気を判断するには、前兆となる症状はどんなものかも知る必要があります。
それが結果的には、犬の命と健康を守るのに役にたつのです。








大至急病院へ連れて行く、命にかかわる病気とは?

胃拡張・捻転症候群
横隔膜(おうかくまく)ヘルニア・気胸
腸閉塞(ちょうへいそく)
子宮蓄膿症(しきゅうちくのうしょう)
結石による尿路閉塞
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




至急病院へ行く、比較的かかりやすい病気とは?

外耳炎
歯周病
白内障
ノミアレルギー性皮膚炎
椎間板ヘルニア
膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)
フィラリア症
僧帽弁(そうぼうべん)閉鎖不全症
乳腺腫瘍(にゅうせんしゅよう)
会陰(えいん)ヘルニア
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
TOP




■犬の上手な飼い方・しつけ方
犬の性格・習性を理解しよう
しつけの基本を理解しよう
飼い主との信頼関係の築き方
屋内で暮らすためのしつけ
屋外で暮らすためのしつけ
飼い主の指示の伝え方
犬の迷惑行動に対処する方法
■犬の健康と病気の知識
日常生活での健康管理
動物病院を選ぶときのポイント
病気のときの看護のしかた
重要な病気とその前兆症状
犬の症状から判断できる病気
犬がかかりやすい病気の知識
不妊手術や高齢犬について





スポンサードリンク


Copyright (C)「これから始める、犬の飼い方・しつけ方」 All Rights Reserved